こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く154

  

f:id:komeikanendo:20200925214440j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

源さんの享和二年の記録7です。

 

享和二年(1802)の記録・其の七

■シコタン(色丹)島は周回四十里(百六十㌔弱)あり、ノシャップ(納沙布)峠から十六里(六十余㌔)、タラク(田楽)島へ一里(四㌔)、シボツ(市発)島と水晶島へは二里(八キロ)、クナシリ島へ二十里(八十㌔)の距離である。

これまでは根室蝦夷人が交易を行ってきたが、今年、幕臣の関谷茂八郎がこの島に渡り、和人化教育を行った。

島の四隅には大船を繋ぐ入り江もある。

この島では磁器の絵付けに用いる青石*1を産出するという。

 

めくら姥(うば)が突然に亡くなった。

この姥が言い伝えてきたことであるが―

 

血の患いにカミシソ(紫蘇)もブナ皮もトトキ*2も効く。

打ち身には松葉もツタウルシもオトキリ*3も効く。

中痺(中風)にはトトキも桑瘤*4も黒松の松脂も効く。

切り傷にはアオジシ(カモシカ)の角も、アカツタ(紫苧)も、コイカノコウ*5も、黄檗(きはだ)もイケマ*6も効く。

下痢には硬飯(こわいい)も、カタクリも、ニワユリ(象山貝母)も効く。

便秘には林檎も、胡桃も効く。

ウミを吸い出すには椛皮も、ツワブキ*7も効く。

とげ抜きにはハシバミも、鳳仙花も、甘草(カンゾウ)も効く。

乳腫れにはアオチサの実。

腹部の腫れにはゴボウカブサ。

霍乱*8には桃の葉。

火傷にはニワトコ。

水腫にトウゴボウ(やまごぼう)も、大根の汁も効く。

毒虫刺されにハルウタ*9も、ドクダミも、メナモミ*10も効く。

黄疸にはシジミ貝も、通草(アケビ)も、クチナシも、カニヨモギも効く。

喉の痛みにはサイカチも、ミョウバンも効く。

麻疹にはイチゴも、灯心草(イグサ)も、甘草も効く。

目星(角膜炎)には山椒の実。

虫歯には大根の汁も、松房*11も効く。

石竜(トカゲ)や蛇には棕櫚を燻き上げる。

気のゆるみに辰砂、乳香、蔓藤。

寝汗には牡蠣。疝気*12には辛夷*13、姥木、橙皮も。

猫がマタタビに目がなく追っても逃げず、蟻が砂糖に群がるように、蛸は琥珀の粉や磁石の鉄に戯れる。

 

■エトロフにおいてクジラの追い込み捕鯨を行うため、肥前佐賀県長崎県)の漁師達七百人がエトロフに渡った。

 

幕府役人が佐井へ向かった時、馬継ぎの場に下風呂からの迎えが来ていなかった。

イライラしながら待っていると、里長の文治がようやく姿を現したので、槍の鞘をはずして突き出すと、百メートル先までぶっ飛んで逃げた。

f:id:komeikanendo:20201101015745j:plain


 

以上、享和二年前半の記録でした。

本来なら次回第十一集に突入するのですが、あと数回、

原始謾筆風土年表・資料編から紹介していきたいと思います。

 

つづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

第六集の最初から読みたい方は

源さんが行く88 - こめいがねんど

 

第七集の最初から読みたい方は

源さんが行く99 - こめいがねんど

 

第八集の最初から読みたい方は

源さんが行く111 - こめいがねんど

 

第九集の最初から読みたい方は

源さんが行く129 - こめいがねんど

 

*1:あおいし=庭石に使用する緑色の石

*2:ツリガネニンジンの若芽

*3:弟切草

*4:くわこぶ=桑の木に生じたサルノコシカケなど

*5:海漂章=たこぶね

*6:ガガイモ科の蔓草多年草

*7:葉は腫れもの、湿疹などの薬用

*8:かくらん=暑気当たり、日射病

*9:アサガ科の一年草帰化植物

*10:菊科の一年草

*11:モクレン科の蔓性落葉本木。蔓を乾かしたものは生薬の松藤(ショウトウ)

*12:せんき=大小腸、生殖器などの下腹部内蔵の病気で激痛を伴う

*13:つぼみは鎮静・鎮痛剤