こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

プロレスと世間

お世話になっております、シヨウx3です。

f:id:komeikanendo:20210724171622j:plain


 前田日明氏の「日本人はもっと幸せになっていいはずだ」という本を読みました。

 

 大東亜戦争での日本軍大本営の偏った考え方から始まって、アメリカとの関係や、中国との関係、未だに残る官僚の大本営的思考と無責任さ。もう数年で起こるといわれている南海トラフ地震への政府の無対策さ、メディアの噓…。

  テレビをほとんど見ない世間ズレしている私には、前田アニキが書いたこの本は、衝撃的な内容でした。

 

 プロレスファンである私は、You Tube前田日明チャンネルはほぼ全て見ていて、対談などで見せる博識なところに、(エッそんなことまで知ってんの⁈)と毎回のように驚かされています。特にリングスなどの団体を立ち上げた経験から来る【都市伝説】シリーズが、実体験をもとに語っていて、真実味があって好きです。

www.youtube.

 私はこの本を読み終わった後、何故か中学生時代の友達の一言を思い出しました。

その友達の伯父さんが東京でスポーツ新聞社に勤めていて、スポーツ紙の一面にプロレスの写真が載る際の裏話を話してくれたのですが、

「新聞に載っているプロレスの試合の写真は、ほぼ前日に撮っている。」

という話でした。

当時、長州ファンのプロレス小僧だった私は、彼が何を言っているのか訳が分からず、そんなことがあるはずはない‼とかなりキレた記憶があります。

 

 でも今回、前田アニキのこの本を読むと、(プロレスのことはほとんど書いていませんが)なるほどなと思えます。

 

 例えば有名なタイガー・ジェット・シンによるアントニオ猪木新宿伊勢丹襲撃事件

本来なら街中で襲撃したのなら、ジェット・シンは捕まってもおかしくないところが、新日本プロレスに対する厳重注意で終わっていますが、あきらかにヤラセ的なメディアを使った演出です。

そして国民はみんな騙されて、タイガー・ジェット・シンって人はヤバい奴だとイメージを植えつけられたわけです。

 

 善と悪をメディアを使った演出で国民を洗脳する

 

 数十年前、プロレスの暴露本がブームになり、それまで(それこそ洗脳されて)真剣勝負だと思っていたプロレスが、実はエンターテインメントだったんだと自分に言い聞かせながら、徐々にプロレスから遠ざかっていきました。

それでも完全に見なくなったわけではなく、プロレス週刊誌などは毎週のように目を通していて、だんだんそれぞれのプロレス団体が作っている所属選手同士の戦いのストーリー性が面白くなって、チョット距離を置いて観察しているような感じになりました。

まあプロレスに関しては、そういう見方もありますよって話ですが、世の中もその延長線上にあるんだなと思います。

 

メディアに踊らされるな」とはいろんな人の口から出て耳にします。

言論の自由とは言っても、インタビューを受けて、出来上がってきたものが全然伝えたかったことの三分の一にもなってない、または全く違う内容になっているということも多々あるようです。

でも国民はそんな裏事情は知らないから、新聞や雑誌、テレビに出たものはすべて正しいと思い込んでいるので、その記事を鵜吞みにしてしまい、メディアが作ったイメージを摺り込ませてしまう。

怖いですね。

 

そしてYou Tube

こちらはある程度規制はかかってはいますが、自分発信なので、ある意味大暴露番組と言っていいかもしれません。

あまりにも核心を突いたモノは消されてしまいます。

そして消されるということは、真実ということですね。

ネット上はその繰り返しです。

 

前田アニキは本の中の対談で

よく真剣勝負というけど、所詮はUFCだろうとプロレスだろうと真剣勝負はない。

あるのは戦場だけ。あとはみんなゲームです。

そのゲームのルールによってリング上の戦いの見方が変わってくる。

どんな世界を作りたいのかと考えたらルールを変えるしかない。

今の日本で言えば、法律かもしれないし、言語空間かもしれない。

ただし、その前に絶対的に必要なのがどんな世界を作りたいかってことです。

 と言っています。

 

いろいろと、この本の中には考えさせられることが詰まっています。

是非読んでみてください。

 

※どうでもよいことですが、私はジャイアント馬場さんと誕生日が一緒で、前田アニキとは一日違いです。

おおはたまちができるまで~南部のはなし~94

f:id:komeikanendo:20210719223334j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

劣勢になった南朝方は…。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

三の迫(はざま)の戦い(4)

 一方常陸南朝方でも、興国三年から四年にかけて、小田城(小田治久・北畠親房)、関城(関宗祐・宗政・北畠親房)、伊佐城(伊達行朝・春日顕国)、大宝城(春日顕国)などで抵抗を続けていましたが、これまで態度をはっきりさせていなかった白河の結城親朝が、興国四年八月十九日に足利方に降伏してしまいました。

f:id:komeikanendo:20210722213437j:plain

その結果小田城・伊佐城が落ち、最後に残った関城・大宝城もついに高師冬(こうのもろふゆ)に攻められて、同じ年の十一月十一日には両城とも陥落してしまいました。

北畠親房は守永親王恒良親王と共に辛うじて船で吉野に逃れ、後に残った日顕国は捕らえられて首を討たれてしまいました

 

 この間に三の迫を逃れた北畠顕信は、石巻日和山城にいましたが、力と頼む葛西清貞が病死したため、一族の南朝支持が怪しくなり、顕信は石巻を出て岩手郡滴石城(雫石町)に移りました。

f:id:komeikanendo:20210722213512j:plain


 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~93

f:id:komeikanendo:20210719214919j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

南部政長が糠部に戻った南朝方・北畠顕信軍はこれからどうなるのでしょう。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

三の迫(はざま)の戦い(3)

 南朝方がこの戦に勝つと、ほとんど国府を占領することになり、この戦の結果いかんを注目していた結城親朝も、おそらく宮方に味方するに違いありません。

常陸の小田城にいる北畠親房も、伊佐城にいる伊達行朝も大いにそれを期待し、奥州の南朝軍を合わせて、常陸北朝勢を破り、第三次の西上軍を進めようと待ちかまえていたのです。

 

 しかし政長が帰った後の三の迫では、どちらも兵力が均衡しているため一進一退を続け、一年経った興国三年(=康永元年/1342)九月になってもまだ勝敗が決しません。

両軍とも再三味方に援軍を送ってくれるよう呼びかけましたが、顕信方にはついにどこからも援軍は参りませんでした。

糠部に帰った政長も、津軽勢との戦が長引き、援軍どころではなかったのです。

 

 でも石塔方には十月八日に、近くの金成郷の領主・岡本重親(しげちか)が手勢を率いて駆けつけてきました。*1こういう戦では、たとえ少数の兵でも新手が加わるとたちまち情勢が変わってきます。

南朝方でせっかく築いた館も次々に落とされ、ついに南朝方は大敗してしまいました。

主将の顕信はかろうじて逃れ、再び石巻日和山城に逃げ延びました。

f:id:komeikanendo:20210722203709j:plain


 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

*1:この岡本重親については秋田の領主説と、海道軍説があります。

おおはたまちができるまで~南部のはなし~92

f:id:komeikanendo:20210719210700j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

足利尊氏が南部政長にしかけていきます。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

三の迫(はざま)の戦い(2)

 尊氏の命で曽我軍が糠部を襲撃したという急報は、ちょうど政長が和賀氏との戦いが終わり、これから三の迫に出陣しようとしていたころに届いたと思われます。

さすがの政長も、留守の兵しかいない根城が襲われるとなると、どうしても帰らざるを得ません。

南朝方としては多賀の国府攻撃は、今が絶好の機会であるので、政長は一部の兵をそのまま残して手勢を率い、急いで糠部に引き返しました。

南下を目指している南朝軍の中から政長が抜けることは、やはり大きな打撃であったようです。

 

 そのうえ、顕信としては白河の領主・結城親朝(ちかとも、宗宏の子)の援助を得て、南北から国府を攻撃する計画でした。

しかしその親朝は父とは違い、忠義などよりは目前の利益しか考えないような人間であったようです。

だから再三交渉を進めましたが、まだ勝敗がわからない南朝のためには動こうとしませんでした。 

 

 奥州の南部には南朝方の伊達氏一族もいるのですが、領主の伊達行朝は、北畠親房と共に台風に流されて、常陸に上陸しています。

その常陸でも北畠親房から結城親朝に、何十回(現在残っている文書だけでも五十六通)も手紙をやり、南朝方に味方するよう誘いましたが、それでも親朝は態度をはっきりさせませんでした。

f:id:komeikanendo:20210722185719j:plain


  仕方なく顕信は、南北からの多賀攻撃をあきらめたようです。

宇津峰からひそかに葛西氏の領地石巻に移りました。

おそらく海路を通って石巻に入ったのでしょう。

 そして顕信は興国二年九月に奥州の南朝軍、葛西・南部・滴石(しずくいし)・川村氏らの軍を率いて南下し、宮城の北部三の迫(栗原郡栗駒町金成町との中間)で、多賀から出てきた石塔義房軍と対戦しました。

 

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~91

f:id:komeikanendo:20210719182422j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

南部の猛者、政長と足利軍の駆け引きは続きます。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

三の迫(はざま)の戦い(1)

 興国元年(=暦応三年)六月二十五日、足利直義は再び政長に勧降状を送りました。

 

それは戦に強い政長が、宇津峰の顕信に呼応して動き出すことを政治的に抑えるためでした。

 

 だが政長はこの勧降状も全く無視したのです。

そして逆にその秋根城の軍団を率い、浄法寺から七時雨(ななしぐれ)山を越えて西根まで南下し、雫石氏の協力を得て西根に要塞を築きました。

この砦は足利方の斯波氏を攻めるための根拠地であったのです。

 この知らせを聞いて宇津峰の顕信はどんなに心強く思ったかしれません。

さっそく中・北部の南朝軍と、南部の南朝軍が連絡をとりながら南北から多賀の国府を攻める作戦をたてました。

 

 しかしその年もすでに旧暦の十二月で、東北では雪が深く兵を動かすことができません。そこで年が明けた興国二年(=暦応四年/1341)二月に、まだ雪が残る中を、早くも政長は活動をはじめました

味方に加わった紫波郡の河村氏の協力を得て、厨川(くりやかわ)(盛岡市で足利方の稗貫出羽権守を討ち取り、それから南下をしてついに斯波氏を滅ぼしました

そしてさらに和賀に攻め入り、和賀氏一族が立て籠っている岩崎城を攻め、鬼柳二郎清義を討ち取りました

この頃までの根城軍の活躍は全く破竹の勢いでした。

 

 この南部政長の動きを、足利尊氏は黙って見過ごすはずがありません。

同じ暦応四年二月七日付で、第三回目の勧降状を政長に送っています。

しかし政長はそれでもこの南下作戦をやめようとしないので、ついに尊氏は最後の手段、武力で政長を征服しようとしました。

相模(神奈川県)の曽我師助に命じて津軽に下向させ、曽我貞光と共に大軍で政長の本拠地糠部を襲わせたのです。 

 

f:id:komeikanendo:20210722183451j:plain


  【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~90

f:id:komeikanendo:20210701232329j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

尊氏は政長をどう見ていたのでしょう。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

根城南部氏の五代・政長(4)

 尊氏は、いつまでも南朝方として働く政長を、何とか味方に引き入れたかったようです。この年の三月に弟・直義の名で次のような降伏勧降状を送っています。

 

御方に参ずれば、本領の事定め置かるべくの旨、その沙汰(知らせ)あるべく、軍忠を抽んずべきの状 件の如し

  暦応二年三月十七日  直義花押

南部六郎殿

 

  味方に加われば、持っている領地はそのまま認めてやるという、降参のすすめでした。これと同じような勧降状は翌年の暦応三年、暦応四年、それから五年後の貞和二年(1346)四月、同年十二月五回も政長に送られています

特に最後の勧降状には

 

御方に参り、奥州の凶徒(悪者)を退治すれば、褒美は望みにまかせる

 

などど最大の条件まで示して勧誘をしています。

戦ではなかなか勝てないので、政治的に解決をしようとしたのでしょう。

しかしもちろん政長はこの勧誘に耳も貸しませんでした。

 

 かえってその後暦応二年九月二十三日から十一月にかけては、貞光の本拠・岩楯や尾崎を攻撃しています。

f:id:komeikanendo:20210703014045j:plain

  この北朝年号暦応二年は、南朝では延元四年に当り、八月十六日に後醍醐天皇崩御されたので、皇太子・義良親王が位を継ぎ後村上天皇となりました。

そして年号もその翌年(延元五年=暦応三年、1340)四月二十八日には興国元年と改めました。「国を興す」という当時の南朝にとってはふさわしい年号に変えたのです。

 

 顕家の弟・陸奥大介顕信は、この年二月ごろ密かに吉野をたって六月には奥州に入り、福島県田村庄宇津峰に下りました。

ここは宮方の田村庄司宗季(むねすけ)の領地です。

目当てはあくまでも多賀の国府を占領し、京都を回復することにあったのですが、陸奥にも北朝に属する者が多く、なかなか思うようにはいきません。

 

 余談になるのですが、この年津軽では大津波が襲来し、大きな災害を受けています。

八月十一日高さ数丈(十数㍍)の津波が、津軽を襲い、村々が飲み込まれて、死者十万に及んだといわれています。

そのため十三湊では福島城をはじめ神社仏閣がことごとく流失し、十三湖も浅くなり、十三湊は廃港になってしまったということです。

 

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~89

f:id:komeikanendo:20210701224348j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

根城南部氏の五代目を継いだ政長の活躍を続けます。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

根城南部氏の五代・政長(3)

 岩手の有力者・和賀氏や稗貫氏は、早くも時勢の動きを見たのでしょう。

足利氏に味方し、津軽の曽我氏もまた前から足利方として働いています。

しかし幸い政長は、十三の安東氏一族を味方に引き入れることに成功しました。

 

f:id:komeikanendo:20210703011852j:plain

 師行戦死の翌年、延元四年(1339、北朝年号では暦応二年)三月から五月にかけて、その安東氏と協力して大光寺城の曽我氏を攻めています。

この戦では政長のほかに長男・信政越後五郎、成田小次郎頼時(鹿角の国代)、滝瀬彦次郎、倉光孫三郎、安保小五郎らも加わったので、一時は大光寺城の外館を占領するほどの勢いでした。

しかしその知らせを受けて曽我氏の本領相模から、曽我師助の代官らが駆けつけてきて、後から攻撃を始めたので、政長らはやむなく後退せざるを得ませんでした。

 

 曽我貞光はこの戦いで、官軍方についた安東氏がよほど憎かったのでしょう。

続けて六月には、安東四郎がこもる外ヶ浜青森市付近)の尻八館(今の後潟付近)を攻撃しています。

 

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

RINGO MUSUME

f:id:komeikanendo:20210718100345j:plain

 いつもお世話になっておりますシヨウx3です。

 

先週「YOU TUBE」の雑談の中でりんご娘のチャンネルを見ていると書きましたが、あれからも毎日のように見ていて、ドハマりしています。

 

チャンネルは

www.youtube.com

www.youtube.com

ふたつあるのですが(アーカイブを入れるともっとですが)、どっちもふつうのバラエティ番組です。腹を抱えて笑えますし、元気をもらえます。

パンスト相撲では、メンバー全員がパンストをかぶってブサイクになることより勝ちにこだわってたり、平気で鼻に指を突っ込んだり、オヤジの声を出してみたり、圧巻は普段テレビで見る王林ちゃんは天然ボケのコメントで有名ですが、ある勝負で負けて罰ゲームで即興コントをすることになったのですが、これがすごい!(RIGHT-ON TIME!で探してみてください。)

 

んでMVも見るのですが、正直歌に関してはなめてましたが、完璧です。

どの曲もいいのですが、私は特にRINGO SISTARS名義で出したこの曲が好きです。

www.youtube.com

 

りんご娘のチャンネルのコメント欄を見るとよく「紅白歌合戦に出ても恥ずかしくないクオリティの高さがある」と書かれてますが、私もそう思います。

 

青森が誇る日本一のエンターテインメントグループであることを、紹介した番組などで確認してみてください。

絶対ファンになると思います。

 

本日7月21日、RINGOMUSUME 4th Album「ETERNITY」発売日です。

 

Eternity

Eternity

Amazon

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~88

f:id:komeikanendo:20210701221027j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

劣勢になった南朝方はどうなっていくのでしょう。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

根城南部氏の五代・政長(2)

 南朝方劣勢の中で、根城南部氏はどうしていたのでしょうか。

 

 師行が石津で戦死をしたので、根城南部氏の五代目を継いだのは、師行の養子(実は弟)の政長でした。

政長は宗家の三代・時実の子、政行の三男でした。

父の政行は波木井実継の養子に入った人なので、恐らく政長は甲斐で生まれ甲斐で育ったと思われます。

 

 新田義貞の鎌倉攻めのときには、政長が奥州から駆けつけて活躍しました。

そしてその後はまた本領の甲斐に帰ったようです。

 

「三翁昔話」によれば本国でもたびたび戦功があり、建武元年五月三日に後醍醐天皇から倉見山中野入道の跡地三分の二ほかを賞として賜っています。

この領地の高さは八千石で、本領四万石(光行の父遠光の信濃領を合わせたものでしょうか。南部六郷は計二千二百五十石と言われています。)

それに兄師行が拝領したという一万石と合わせて、南部氏の領地は合計五万石になったと伝えられています。

 

 政長は師行が国代に任ぜられたので、その後まもなく根城に下向したのでしょう。

建武二年(1335)三月十五日には、七戸の結城朝佑(ともすけ)の跡地を新しく給与されています。

 それから二年後の延元二年に、師行が第二次の西上戦に出発してからは、政長は兄の遺訓を守り、あくまでも北奥で、南朝支持勢力の中心として活躍をしました。

f:id:komeikanendo:20210703011743j:plain


 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~87

f:id:komeikanendo:20210701204721j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

南部のはなし87、顕家、師行なきあとの話に入っていきます。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

根城南部氏の五代・政長

 延元三年(1338)という年は、南朝方にとっては最悪の年でした。

せっかく西上した奥州軍も、阿倍野や石津の戦いで全滅し、大将軍顕家や南部師行は戦死をし、そのほかに新田義貞福井県の藤島で非業(思わざる)の最期を遂げています。

 顕家亡き後は、弟の顕信が後を継いで陸奥鎮守府将軍に任ぜられました。

その顕信や結城宗宏の意見で、陸奥に再び南朝勢力を盛り返そうと、伊勢から船で奥州に下ることにしました。

同じ年の九月に志摩(三重県)熊野(同)の水軍の援助を得て、五百余隻の船に分乗し、伊勢の大湊から船出をしました。

しかしあいにくの台風に襲われ、船はみな散り散りとなり、各地に流されてしまったのです。

 義良(のりよし)親王北畠顕信・結城宗宏たちの乗っていた船は伊勢に吹き戻され、北畠親房・伊達行朝の船は常陸茨城県)に流れ着き、宗良(むねよし)親王・守永(もりなか)親王の船は駿河静岡県)に漂着しました。

 

 でも不幸はそれだけではありませんでした。

南朝側の有力な老将・結城宗宏が伊勢で病気のために亡くなってしまったのです。

宗宏は

「朝敵を滅ぼすこともできずに死ぬのは残念だ。わしの死後には仏事もお経もいらない。ただ朝敵の首をわが墓前に供えてくれ。」

と言って亡くなったということです。

 

 さらにまたその翌年八月十六日には、これまで南朝側の中心として指導されてきた後醍醐天皇も、風がもとで一週間病んだだけで亡くなられました。

 

 こういう情報は直ちに北朝方に伝えられていきます。

北朝側の勢いはますます盛んになり、世はまさに南風競わずの時勢になったのです。

 

f:id:komeikanendo:20210703002745j:plain 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1