こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く01

 どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 今回はむつ市大畑町の歴史が詰まった原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)シリーズの第1回です。

 

f:id:komeikanendo:20190906193104j:plain

 
 先ずは原始謾筆風土年表をもう一度おさらいしたいと思います。

 原始謾筆風土年表は江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

f:id:komeikanendo:20190703213936j:plain

源さんイメージ画

今回はその第1回ということで、カズじじからもらった翻訳テキストの一冊目、天明二年からはじめます。

 

天明二年の記録 ~その壱~

 ※原始謾筆風土年表 第24分冊-14巻

1782年 村林源助(35歳)宿老*1

幕府将軍 徳川家治(いえはる)

 

松前の尻内(知内)で千軒嶽(現/大千軒岳:標高1072m)から黒雲と炎が発生。

番神堂(仏教寺院)の堂を燃やし、焼け残りが貴古内(木古内)の里に落ち、草刈り作業参加していた人々の中には逃げ遅れて大やけど、即死した人もいたという。

 そういえば建長二年(1250)一月十三日、大和の郡上郡にも「炎が降った」と記録されているが、こういうことだったのか。五世紀末、武烈天皇の時代にも、炎が空からおり、人々が穴倉生活に追い込まれたという記録が残っている。

f:id:komeikanendo:20190703220320j:plain

〇京都の小川民部仲之は歌学者であり、書家である。

この年から寛政七年までに四度大畑を訪れて、和歌や書の手ほどきをした。彼のおかげで日本語の助詞・助動詞の用法(てにをは)や入木道(じゅぼくどう=書道)、三神秘(草書、行書、楷書を指す?)がもたらされた。

 

〇歌舞伎役者の市川小団治大谷八重蔵が来た。

 

〇どこから来たのか、金堀定右衛門と名乗る数人組がやってきた。

飯場の白倉で金銀の採掘願を大畑の町役にもとめてきたが「代官所からの命令がなければ許可できない」と断った。

おそらくこの連中なのだろう、目名の里で掘り出した砂金を売り渡して、翌日には一割ほどのもうけを加えて買い入れるというやり方を七、八回繰り返し人々をだまし続け、近郷の人々まで群がるようになり、砂金の値段が百倍にもなったころ真夜中に姿を消した。

f:id:komeikanendo:20190703234524j:plain

金堀定右衛門一味の図

 

まずはここまで。大畑の町は当時かなり栄えていたのだろうか?

歌舞伎役者は来るし、歌学者なる人まで来ている。

今で言う地方巡業とか講演会みたいなものだろうか。そう言えば大畑町は北前船*2の寄港地だったとカズじじから聞いたことがある。だから京都からでも平気でこれたのだろうか。さすがに歩いて京都からは来ないだろう。

 

天明二年の記録~その弐~

源さんが行く02 - こめいがねんど

へつづく

*1:高官

*2:航行する船主自体が商品を買い、それを売買することで利益を上げる廻船のこと。江戸時代から明治時代、日本海海運で活躍。