こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く141

  

f:id:komeikanendo:20200925214440j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

源さんの享和元年の記録その2、今回は前回の続きで、江戸からの日程を紹介していきます。 

享和元年(1801)の記録・其の弐

【江戸からの行程】~佐井まで二十五泊の日程~

二月二十九日 江戸の千住発~草加で休み~粕壁(かすかべ)泊

三月一日 古河で休み~小山

  二日 雀宮(すずめのみや)で休み~白沢(しらさわ、宇都宮市)泊

  三日 喜連川(きづれがわ)で休み~大田原

  四日 越堀で休み~白坂

  一日逗留(滞在)

  六日 矢吹で休み~須賀川

  七日 本宮で休み~二本松

  八日 福島で休み~桑折(こおり)泊

  九日 白石で休み~大河原

  十日 岩沼で休み~国分町

 十一日 塩釜で休み~松島

 十二日 休みなく吉岡宮城県黒川郡大和町)泊

 十三日 古川で休み~築館

 十四日 金成で休み~一関

 十五日 前沢で休み~水沢

 十六日 黒沢尻で休み~花巻

 十七日 (日詰)郡山岩手県紫波町)で休み~盛岡

 十八日 渋民で休み~五戸

 十九日 小繋で休み~一戸

 二十日 三戸で休み~五戸

二十一日 七戸で休み~野辺地

二十二日 有戸で休み~横浜

二十三日 中野沢で休み~田名部

二十四日 大畑で休み~異国間

二十五日 大間で休み~佐井

 

人数は、上士(じょうし)十七人、下士(かし)三十一人、率いる馬一匹。

休憩、宿泊場所は手狭でも構わないので、できるだけ一つ宿に割り振ってほしい。

決して下宿*1に分けることはしないでほしい。

休憩、宿泊場所では一汁一菜の粗食でよい。

くれぐれも無駄なご馳走はお断りする。

別紙、印鑑のある書類一枚ずつを人馬の継ぎ立て宿駅ごとに受け取り、先触れの印鑑と照合して差し出すこと。

もしも不測の事態が生じ、通行予定に変更のある場合には、新たに我らの印形を継ぎ立ててやるので、この印鑑のない者には絶対に人馬を提供しないように。

この場合の人馬の費用の支払いについては、下記の三人が担当する。

鑑礼(許可証)と引き換えに賃金を受け取るように。

 

酉二月  天野右門、依田政右衛門、橋本文右衛門

 

f:id:komeikanendo:20200928214011j:plain

 

源さんが行く142 - こめいがねんど

へ つづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

第六集の最初から読みたい方は

源さんが行く88 - こめいがねんど

 

第七集の最初から読みたい方は

源さんが行く99 - こめいがねんど

 

第八集の最初から読みたい方は

源さんが行く111 - こめいがねんど

 

第九集の最初から読みたい方は

源さんが行く129 - こめいがねんど

 

*1:したやど=大名などが本陣に泊まった場合、家臣達の宿泊する宿