こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く134

 

f:id:komeikanendo:20200810091124j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

源さんの記録、寛政十二年6になります。 

寛政十二年(1800)の記録・其の六

八木沢の田崎安兵衛が拝借金を得て五十人を雇い入れ、クナシリ島で自分のマス漁を始めた。

しかしこの男、ろくに読み書きも計算も出来ないのに、何とも度胸がいい。

それで様似にいた小笠原六兵衛を雇い入れ、釣りの漁法や昆布採りのコツを習ったという。

 

箱館出役の南部藩監察は蟇目(ひきめ)茂右衛門である。

 

今年の田名部代官は小菅十左衛門と富田柵野右衛門。

大畑の郷保、里正は前年に同じ。

 

四月一日、九割かたの日食となる。

 

喜田川家の表二階の格子(こうし)状の雨覆いにカラスが巣を作った。

なんとまあ、無謀な事よ。

カラスの巣が高い所にあると、風は吹かず、下の方だと強風が吹く」と言われている。

逆に「トンビの巣が高い所にあると風が吹き、低い所なら風は吹かない」とされる。

蜂の巣は良くできたもので、自然に紛れて見つけにくく出来ている。

ミソサザイ*1とツバメは、巣作りのうまさでは甲乙つけがたい。

天智天皇の御代、木の丸(まろ)殿と呼ばれ、筑前朝倉郡(ごおり)にあった斉明天皇の行宮*2の馬のしっぽにネズミが巣をつくった。

朱雀天皇の御代には、怪鳥ヌエの類が皇居の樹木に巣を作り、十二世紀の平清盛公の馬にもネズミが巣を作った話が伝えられる。

もっと古くは応神天皇の御代、皇居の桐の木に雄雌ひとつがいの幻の鳥の(らん)が巣作りをしたとあり、天智天皇の時代には皇居に亀甲文字の亀が、白凰時代には五茎の穂や、葛城山では幻の動物麒麟の角が見つかったとされる。

これらはおそらく時の帝の威徳を表さんがための創作であろう。

 

f:id:komeikanendo:20200831232856j:plain

 

源さんが行く135 - こめいがねんど

へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

第六集の最初から読みたい方は

源さんが行く88 - こめいがねんど

 

第七集の最初から読みたい方は

源さんが行く99 - こめいがねんど

 

第八集の最初から読みたい方は

源さんが行く111 - こめいがねんど

 

*1:スズメ目、翼長約五㌢、山間の水辺に多く、動きが敏捷、鳴き声がいい

*2:あんぐう=天皇行幸の時の仮宮