こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~79

f:id:komeikanendo:20210609044207j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

南部のはなし79、顕家に率いられた奥州軍が西上していきます。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

奥州軍の追撃

 顕家に率いられた十万余騎の奥州軍は、白河を越えて関東に入りましたが、下野(栃木県)の小山城攻略に以外の日数がかかりました。

城主の小山朝郷(ともさと)*1は、鎌倉初期以来栄えてきた関東の名城です。

十三昼夜に渡る激戦の末、十二月八日ようやく落城し朝郷は捕らえられました。

 

 奥州軍の次の目標は足利方最大の根拠地鎌倉です。

鎌倉には尊氏の子、千寿丸*2と、奥州管領斯波(しば)家長が補佐役として守っています。

家長は武蔵(東京都)、相模(神奈川県)の兵八万騎を集め、利根川の線で防ごうと陣を構えていました。

川を挟んでの対戦となりましたが、足利方は意外にもろく、十二月十三日、わずか一日の戦いで敗れ鎌倉に退きました

大勝を得た顕家軍は、武蔵の国府東京都府中市)で五日間滞在し兵を休めました。

その間に顕家の勝利を聞いた宇都宮の豪族・宇都宮公綱(きんつな)が千余騎を率いて駆けつけてきました。

また上野(こうづけ、群馬県)の新田一族も、義貞の次男・義興(よしおき、二歳)をたてて、鎌倉を目指して南下してきます。

さらに先の「中先代の乱」で敗れた北条時行も、その後天皇の御許しを得て官軍方に加わり、伊豆から五千余騎を率いて、顕家の鎌倉攻めに参加をしてきました。

f:id:komeikanendo:20210613231811j:plain

 こうして十二月二十三日、奥州軍の他に北条、宇都宮の各軍も加わり、三方から一斉に鎌倉に攻め入ったのです。

激戦は二十四日、二十五日の二日間行われ、各方面で足利方が敗れ、これまで顕家の好敵手であった斯波家長は自殺し、総大将の千寿丸も三浦半島に逃げこみました。

 

 顕家軍は、鎌倉で延元三年(1338)の正月を迎えましたが、休む暇もなく二日にはもう鎌倉を出発しています。

それから後、美濃(岐阜県南部)までの進軍は記録的な早さだったといわれています。

途中には駿河静岡県東部)に石塔氏、遠江(とおとおみ、静岡県西部)に今川氏、三河(愛知県東部)には氏などの足利軍がいて攻撃を受けましたが、それらを破ってわずか二十日余で美濃の国に着きました。

この快速ぶりは、これまでの例(義貞・尊氏)に比べても驚くべき速さだということです。

この快進撃は、何といっても東北産の駿馬*3にまたがる騎馬軍の突進によるものではないかと言われています。

怒涛のような勢いで京都を目指し進撃を続けたのでしょう。

この奥州軍には徒士*4がなく、すべて馬を使った騎馬軍団ばかりだったようです。

【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

*1:藤原秀郷の護衛と言われ、五戸木村氏の先祖

*2:八歳、後の義詮(よしあきら)

*3:良い馬

*4:かちへい=歩兵