こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~64

 

f:id:komeikanendo:20201012220354j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

南北朝時代のみちのく12です。

 

 みちのくの新政12

中先代の乱02

北条時行の軍は勢いに乗って鎌倉を占領しましたが、その後わずか二十日ばかりで、再び尊氏や直義らの軍に追われてしまいます。なので「二十日先代」などともよばれています。

 

ところで尊氏の弟・直義(ただよし)はこの戦では、鎌倉の北三十㌔余の井出沢(東京都町田市)で戦っていましたが、敗れたため、そのまま夜にまぎれ、三河(愛知県東部)をさして逃亡しました。

しかし抜目のない直義は逃げる際にも、鎌倉に監禁している護良(もりよし)親王の事は忘れませんでした。

時行が鎌倉に入った後、護良親王を大将軍として、再び大きな勢力を得ることを恐れたのです。

直義は密かに家来の渕辺義博(ふちべよしひろ)に命じて、再び鎌倉に引き返させました。

そして護良親王は哀れ二十八歳の若さで、その義博によって、暗い土牢の中で最期を遂げたのでした。

 

「時行が鎌倉を占領した」というニュースは、たちまち奥州の各地にも伝えられたことと思われます。

これに応じて立ち上がる時行の党があちこちに現れました。

建武二年八月十三日、北畠顕家は、南部氏・伊達氏に命じてこれらの反乱軍を平定させています。

「八戸系図」には師行の弟・政長国司(顕家)の命により兵を出して、所在に(いたる所で)賊を討つと書かれています。

また「南部世譜附録」によれば、信長(南部宗家十一代)の弟・信行も国司軍を率い、津軽山辺黒石市付近)で戦い、殊功をあげたといわれています。

鎌倉を占領した時行に応じて動き出した北条氏の残党を、南部政長や宗家の信行・伊達氏らが、顕家の命によって討伐したのでした。

同年九月一日に政長はその戦功を賞されています。

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

f:id:komeikanendo:20201014210759j:plain


 


 つづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

[rakuten:hotateyasan:10001721:detail]