こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~60

 

f:id:komeikanendo:20201003162225j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

南北朝時代のみちのく8です。

 

 みちのくの新政08

津軽の兵乱01

師行が糠部に下向した元弘三年(1333)の末ごろから、津軽では再び同族の内乱がはじまっていました。

津軽には、鎌倉時代のはじめに、北条義時が地頭職を命ぜられ、家臣の曽我時広を代官として平賀郡の岩楯(いわだて)村におきました。

ところがその曽我氏が三代目になり、宗家と分家とに分かれ、宗家の曽我氏は武家方につき、分家の曽我氏は朝廷方について争いました。

元弘三年の末、鎌倉から逃れてきた北条氏の一族・名越時如(ときゆき)と安達高景が、その大光寺曽我氏(宗家)を頼って、ともに大光寺城に籠もりました。

それで岩楯曽我氏(分家)の光高は朝命を受け、工藤貞行(工藤祐経の六代の孫)を味方につけてこれに攻撃を加えたのでした。

そして翌建武元年一月に大光寺城が落ち、武家方は石川城(弘前市石川)に逃れました。

それで国司北畠顕家は、さらに多田貞綱、伊賀貞光、南部師行らの援軍を送って光高を助けたので、その石川城も五月二十一日に落城しました。

武家方はさらに持寄城(中津軽相馬村紙漉沢付近)によって抵抗を続けましたが、この戦には安東氏も朝廷方に加わったので、ついに十一月十九日に持寄城も陥落しました。

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

f:id:komeikanendo:20201004143606j:plain

つづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

[rakuten:hotateyasan:10001721:detail]