こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで再開にあたって

 

 

お世話になっております、シヨウx3です。

 

 ひさしぶりに再開します「おおはたまち(よもぎたむら)ができるまで」

どういう歴史があってむつ市大畑町(奥さんの実家)、東津軽郡蓬田村(私の実家)になっていったかをテーマに、古代から辿っている気の遠くなるような大ロマンヒストリー(そんなたいそうなものでもないですけど)です。

 

何十万年も前はアジア大陸と陸続きで、下北半島から11~12万年前のナウマン象の化石が発掘されたことから始まって、

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

 

元々は同じ人種だったのが、邪馬台国ができて、中国から文化を取り入れるなどして西日本を中心に栄えだし、東北や北海道は野蛮人とみなされ、和人と区別され始める。

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

 

やがて倭の国は理不尽に領土を広げていき、蝦夷エミシ)と貶められた私たち東北の人達は反乱を起します。

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

 

いろいろな戦を繰り返し、平安時代、平泉に奥州藤原家の一大勢力が誕生します。

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

 

しかしその奥州藤原氏源頼朝により滅ぼされて、鎌倉幕府が始まります。

このとき今の南部地方の領地を与えられたのが、頼朝と同じ源氏系列の甲斐の国の南部光行でした。

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

その南部のはなしも回を重ねて75回まで進み、

鎌倉幕府も亡び、南北朝時代へ突入しております。

おおはたまちができるまで~南部のはなし~75

 

南部のはなし76回以降は(ザックリと言えば)、

足利尊氏vs後醍醐天皇側の北畠顕家+南部家の戦の続きとなります。

 

f:id:komeikanendo:20210604002928j:plain

ひきつづきおおはたまち(よもぎたむら)ができるまでを楽しんでもらえたらありがたいです!