こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く120

 

f:id:komeikanendo:20200615142037j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

幕府の東蝦夷地直轄の影響を受けた大畑の記録10です。

 

寛政十一年(1799)の記録・其の十

 六月二十三日、幕臣佐藤茂兵衛、正田周平、渡辺大之助、河野権治郎、根津清左衛門の五人も出立。青森を経由して蝦夷地へ渡っていった。

 

季節のなんと移ろい易いことか、気がついたら、青々としていた木々の葉は、もう色づき始めていた。さらに、日の光に涼しさが加わり、月影(月光)も涼しさを増していた。

 

八月十三日、渡辺大之助と河野権治郎が箱館から戻ってきた。

二百五十石の官船・隼丸はやぶさまる)を造船することになった。

大工は向井清兵衛。

円祥山大安寺の杉の木四本を十八両で、田名部からも杉の木五本を十両で買い上げた。

これらを運ぶ十八頭の馬の駄賃は四両三歩。

杉の木はいずれも周囲六尺五、六寸の太さのものだ。

 

「今年の春、御用船造船に用いた材木の残りを私どもへ預けられました。

その折に預かり所を差し上げました。

この度、また御用船建造ということになり、これまでお預かりしていた材木類はお返し申しあげましたところ、差し上げてあった印形入りの書付は返却され、私共、確かに御受け取り致しました。

 (向井)清兵衛

 (新谷)荘助

 (菊池)与左衛門

 (竹内)伝右衛門

 (堺)忠兵衛

 (邑林)源助

 

九月六日

渡辺大之助様、河野権治郎様」

f:id:komeikanendo:20200708222655j:plain

 

八月二十日、佐藤茂兵衛が北海道から津軽へ渡り、二十五日大畑に到着して、隼丸造船の現場に立ち会い、二十七日出立した。

和田兵太夫津軽経由で九月二日大畑に到着し網方の御用を済ませ、二十九日に和田、渡辺、河野らと共に出立した。

小幡専治郎は十月八日当湊に到着。網方の御用を済ませて十二日に出立。

小林卯十郎は十月八日に当湊に到着。新道開拓の出稼ぎ人夫の賃金の精算を済ませ、

「この春に雇い入れた人夫達は、御用中、一人の故障もなく頑張ってくれた。今日をもっての解雇である。その旨、心得よ。」と話し、二十一日まだ出立した。

富山元十郎も北の蝦夷地から到着。恐山を経由して二十三日(江戸へ)出立した。

 

源さんが行く121 - こめいがねんど

へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

第六集の最初から読みたい方は

源さんが行く88 - こめいがねんど

 

第七集の最初から読みたい方は

源さんが行く99 - こめいがねんど