こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~71

 

f:id:komeikanendo:20201106085032j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

南北朝時代の南部氏と北畠顕家のはなし、その4です。

 

 根城南部氏五代の誠忠

帰路についた北畠顕家(1)

尊氏が京都を落ちていったので、天皇はさっそく京都に帰りました。

そしててがらのあった奥州の結城宗宏ほかの者に、それぞれ賞を与えました。

顕家が参議従二位、鎮守府大将軍に任ぜられ、またこれまでいつも顕家と苦労を共にしてきた義良親王も、元服をして「陸奥大守(おおのかみ)」となり、顕家は「陸奥大介(おおのすけ)」になりました。

「大介」というのは「大守」の次で、陸奥守の上の位です。

 

こうして官軍の将兵がほっとしたのもつかの間、九州に落ち延びていった尊氏は、たちまち西国で大きな勢力を得て、早くも延元元年(建武三年/1336)四月三日には博多を出発して東上をはじめました。

この尊氏東上の情報が伝わるとまた関東・奥州方面でも、足利方に味方する者が多くなりました。

斯波家長が、鎌倉で、尊氏の長男・千寿丸をたてて足利勢を集め、岩手県紫波では斯波氏の一族・兼頼が中心となって、足利方をまとめていました。

福島県相馬郡でも兼頼の命令により、相馬光胤が小高城(常盤線沿線の小高町付近)を築き直し、兵糧を蓄えて長期戦の準備をしていました。

多賀国府の膝元でさえも留守家任(るす・いえとう)が、はじめ西上軍に加わって上京しながら、途中で心変わりして足利方についています。

 

関東や奥州がこんな状態でしたので、顕家は京都にいてゆっくりしているわけにはいきません。

天皇は顕家に「さっそく奥州に帰り、陸奥を鎮めるように」と命令を下しました。

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

f:id:komeikanendo:20201106160653j:plain


 つづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1