こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く96

 

f:id:komeikanendo:20200403222125j:plain
どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

寛政十年の記録5です。

 

寛政十年(1798)の記録・其の伍

八月二十日、雨混じりの雪が降った。

孝元天皇推古天皇の時代にも、まれにそんなことがあったらしい。

言うまでもなく飢餓の様相が出ている。

八月下旬にも雪が降り、稗も粟も実が入らず収穫できない。

「呉の牛 月に喘ぎ*1、蜀の犬、日に吠える*2

のたとえの如く、取り越し苦労とは言えなそうだ。

ところで、冬至の後の第三の戌の日を「(ろう)」というが、この日の雪を氷室に入れておくと数十年は溶けないという。

五穀の種や食べ物もこの氷室に貯蔵すると虫がつかないらしい。

 

f:id:komeikanendo:20200506151111j:plain

 

出羽の画家の松峯汾水が、しばらく滞在した。

 

十月十三日、下釜野沢、糸魚淵(いとうぶち)の長石沢から曽古部(そこべ)の山際までが囲木山*3となった。

その札打ちのために山奉行の築田和喜右衛門、植沢孫兵衛、中嶋富右衛門、山役人の山本佐兵衛、佐賀甚兵衛、芦田徳兵衛などと一緒に宿老の私も同行した

山は一面に銀世界、まるで香しい花が咲いたようだった。

一服休みの時、しばし盃を楽しんだ。

寒風がしきりなしに吹いていた。

霰酒(あられざけ)で有名な南都(奈良)ならずも、霰酒を味わっている気分だった。

天明二年から四年(1782~84)にも、豊かなヒノキ山だった鷹巣山や羽色山に同行した。

雪が衣服の中まで吹き込んで、とても寒かった。

糸魚淵に架かった釣り木が一本。

羽色山に同行したのは夏場だったので、その光景はとても涼しく見えた。

 

源さんが行く97 - こめいがねんど

へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

*1:過度に恐れる

*2:当たり前のことも騒ぎ立てる

*3:かこいぎやま=伐採禁止の山