こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く80

 

f:id:komeikanendo:20200218211428j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

寛政八年の記録に戻ります。

 

寛政八年(1796)の記録・其の六

閻浮檀金(えんぶだんごん)と称して信濃(長野県)の善光寺が、全国巡りを行う。

 

画工の雲山と津軽の二代・将監(しょうげん)が色彩画を伝授した。

推古天皇十八年(609)に高句麗から来た渡来僧が、雲紙*1宿紙*2白紙*3彩色の黒を製作した。

 

 

■榎友*4の白鳥の澗*5にイギリス船なのか、ロシア船なのか、二重構造の帆柱の間を三尺ほど透かせ、三重の深さ二丈三尺(約10㍍)もあるだろうか。

龍頭、見送りの額もあり、木偶を三重にすえ、包板は厚さ三分(1㌢)の銅で、隩頭鋲(?)は鉄で造られているようだった。

一つ爪の錨へ石を結びつけており、その綱は髪筋に綯(な)ったもの、椰子や棕櫚が材料となるものもある。

樽は鉄輪もしくは龕(がん)皮*6輪などである。

船の形からは八、九百石に見えるが、深さを考えると二千石余りかもしれない。

この地に住む人々が代わり代わり、この船に乗り込むと丁重にもてなしたという。

天球儀を取り出し、日月(太陽や月)五星(惑星)、二十八宿の星座も見せたらしい。

乗組員四十九人*7、その中に女官らしき人もいて、旧暦七月から十数日間この白鳥の澗に滞在した。

家老松前左膳大夫広政がクナシリ島視察の途中立ち寄って対応し、松前藩からは工藤平右衛門と医師の加藤肩吾が向かった。

f:id:komeikanendo:20200316203254j:plain


以上、寛政八年の記録でした。

次回は、このイギリス船について、原始謾筆風土年表・資料編から、もうちょっと詳しく紹介してみたいと思います。

 

源さんが行く81 - こめいがねんど

へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

*1:くもかみ=上に青色、下に紫雲を漉してあらわした鳥の子紙。色紙・短冊に用いる

*2:しゅくし=薄墨色の漉き返しの紙

*3:はくし=中国渡来の紙で、薄くて白いもの

*4:えとも=室蘭

*5:ま=湾または海岸の船着き場・船曳き揚げ場

*6:雁皮?

*7:※実際は百十人乗り