こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村から青森県の歴史や記録を紹介する歴史探求ブログ

源さんが行く58

【送料無料】海峡サーモン 特選切身5種10切セット (西京味噌漬/吟醸粕漬/塩麹漬/甘塩味/生切身) 純国産 計920g 冷凍/津軽海峡/サーモン/通販/お取り寄せ/ご贈答/贈り物/ギフト/おせち/お歳暮/お年賀/寒中見舞い

価格:4,526円
(2020/1/18 10:02時点)
感想(0件)

f:id:komeikanendo:20200117205954j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

 寛政五年の記録の続きになります。

 

寛政五年(1793年)の記録・其の弐 

奥州白川の藤堂去来が、三河風土記を語った。

その間合いの話であるが、八甲田の材木場の支配人の能登屋長四郎は性格がせっかちで、組の人足たちへの詰めが甘く、何事も後手後手になりやすかった。

そのため、ここを担当していた者がこの状況に苛立って、

「バカっ早い長四郎めが」

と悪口を言い放ったとたん、長四郎の親がやってくるのが見えた。

とっさに

「この長四郎殿は仏様の生まれ変わり」とごまかしたと…。

 

ところで八甲田は、比叡山と京都の愛宕山を合わせたような高い山なので、春の堅雪(かたゆき)に乗じて山のてっぺんから下ると、六、七十里*1離れた南部方面の街道へも一日余りで出るという。

1584年の天正の役*2の時、越中富山県)の佐々成政*3遠州静岡県)浜松の徳川家康に援軍の求めで、立山剣岳から堅雪に乗って一気に駆け下り、六、七十里隔てた信州松本へ一日半で到着した。これを更々(さらさら)越えと称して世に伝える。

 

異国船望遠局を佐井にも設置した。

 

大間、奥戸の両牧から悪雌*4を選んで除く。

これは、除雌馬*5と言われる処置で、十四、五年ごとに行われる。

大間の牧では、元文(1736~41)の頃までは駿馬*6が生産された。

その頃の隆盛はどこに行ったのか、今では他の牧と大して違わない。

  

資料「むつ市史・民族編」

 奥戸(おこっぺ)野は寛永十六年(1639)、大間野は正保三年(1648)の再興で両牧とも百匹ずつの馬を放していた。

秋霜の候に捕えて村々へ預け、春草の萌え出るのを待って牧に放した。

秋の御野捕りに勢子*7の人数を村々に割り当てた。

大間、奥戸の藩牧の他にも、村々において民牧が行われ、南部藩では民馬改良のため村々に種馬を貸しつけていた。

これら民間飼育の馬は二歳の秋、競り市に出し、良馬として売れた時は代金のうち一両は飼い主に下されたが、その余りは藩に収め、種馬の貸付、その他の諸経費にあてた。

 二歳競り市の制度は、寛文・延宝(1661~80)の頃から行われ、例年、田名部から始まって野辺地、三戸、五戸と南に下るしきたりだった。

その頃の田名部通の産馬は年間三百頭前後。

メス馬は駄馬と称し四歳になれば売買できたので、民間では駄馬が生まれると喜んだ。

f:id:komeikanendo:20200119171036j:plain

 

源さんが行く59 - こめいがねんど

 へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

*1:250㌔前後

*2:えき=いくさ

*3:さっさ・なりまさ=1516~88、織田信長に仕えて朝倉義景攻略や石山本願寺一向一揆攻撃を行い、越中富山を与えられた。しかし本能寺の変後は豊臣秀吉と対立し、小牧・長久手の戦いで降伏。秀吉の九州征伐後、肥後の領主となったが、秀吉に失政による肥後一揆の責任をとがめられ切腹を命じられた。

*4:源さんはアクバとルビ

*5:源さんんはスグリハハダとルビ。母駄は子を連れたメス馬

*6:しゅんめ=すぐれてよい馬

*7:せこ=馬を駆り立てる人夫