こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く59

【送料無料】海峡サーモン 特選切身5種10切セット (西京味噌漬/吟醸粕漬/塩麹漬/甘塩味/生切身) 純国産 計920g 冷凍/津軽海峡/サーモン/通販/お取り寄せ/ご贈答/贈り物/ギフト/おせち/お歳暮/お年賀/寒中見舞い

価格:4,526円
(2020/1/18 10:02時点)
感想(0件)

f:id:komeikanendo:20200117205954j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

 寛政五年の記録の続き、それからのラクスマンの話になります。

 

寛政五年(1793年)の記録・其の参 

 去年(寛政四年)から根室に滞在していたロシア人(ラクスマン)たちが(二艘の)船で箱館に向かうことになり、根室を出航した。

(二艘のうちの一艘が航路を外れて)東通村岩谷部落の沖に仮碇泊した。

そして「水を補給したい」とボートで陸に上がり密かに一晩を過ごし、翌朝早くにここを出航し、目的地の箱館へ入った。

 

(このロシア船への対応のために)江戸幕府から御目付三百石の石川将監忠房と西丸(にしのまる)目付千三百石の村上大學義礼の主従五十人ずつ。また、御徒(おかち)目付の後藤十治郎、岩瀬直右衛門、松田十右衛門、さらに去年から箱館に出向いている二人と合わせて主従五人ずつ。他に御普請役や御小人目付の主従二人、三人ずつと、総計二百人が松前に渡った。

 

 南部藩からは梁田(やなた)荘右衛門、桐生木右衛門、赤貝治郎右衛門、玉山貞右衛門、伊藤処左衛門、蟇目(ひきめ)茂右衛門、毛馬内、佐馬内、久慈らの総勢三百人。

 津軽藩からも弱冠*1剛力の山田強太郎、斥候*2の野呂登ら二百人が、松前藩に加勢しようと、三厩から北海道に渡り松前城府に馳せ参じた。

 

ロシア人たちは、箱館から陸路を松前に向かい、書翰(しょかん)とラシャ*3、ビロード、猩々緋*4、甘藷*5、等を幕府に献上した。

応対は六月二十六、七、八日の三日間行われた。

 

信牌*6

「爾(なんじ)らに流す旨を承諾して長崎に至らんといえども、キリシタンの教えは我が国の大禁なり。

その義および器物書冊をも持ち渡すなかれ。

必ず害せらるることならん。

この旨よく悟道*7して長崎に至り、この子細、告訴すべし。

猶(なお)研究して上陸を許すべきなり。

それがためこの帳を与ふる事、しか也。

両監察 姓名 花押 」

 

 我が国(幕府)からは、八貫目の薙刀なぎなた)二振(ふたふり)、米三百俵。諸家(松前藩南部藩津軽藩)からは麦俵を贈与した。

ロシア人たちは六月三十日、松前を出発し、箱館で風待ちして八月上旬には出航した。

 

f:id:komeikanendo:20200120221406j:plain

源さんが行く60 - こめいがねんど

つづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

*1:じゃっかん=年若い

*2:源さんはモノミとルビ。敵軍の様子を探る兵

*3:羊毛の厚地の毛織物

*4:しょうじょうひ=深紅の舶来の毛織物

*5:かんしょ=砂糖

*6:しんぱい=長崎に来航する外国船に対しあらかじめ交付された貿易許可書

*7:ごどう=さとり