こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く62

【送料無料】海峡サーモン 特選切身5種10切セット (西京味噌漬/吟醸粕漬/塩麹漬/甘塩味/生切身) 純国産 計920g 冷凍/津軽海峡/サーモン/通販/お取り寄せ/ご贈答/贈り物/ギフト/おせち/お歳暮/お年賀/寒中見舞い

価格:4,526円
(2020/1/18 10:02時点)
感想(0件)

f:id:komeikanendo:20200117205954j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

 寛政六年の記録に入ります。

源さんは47歳。宿老の職に没頭しております。

 

寛政六年(1794年)の記録・其の壱 

 

大坂の赤石から無染媼という書家が来た。

 

根室に大黒屋光大夫を乗せてロシア船が入港した折、江戸幕府から松前に派遣された御普請役の田辺安蔵が、北通りへ「馬を借り上げたい」とやって来たが、

松前*1ではないから」と断られ、田名部から野辺地に戻って行った。

 

花巻の画工・小野周徳がしばらく滞在した。

 

白井英二(=菅江真澄東通村石持の牛石へ行く。

俳諧詩歌集「星石賦」を届けてくれた。

 

菅江真澄「奥の冬ごもり」

 

寛政六年十月一日(石持にて)

石持てふ山里に祭る石神にもうでんとて出(い)づ。

谷(やち)なかの道、日頃の雨にぬかり行きがたしとて、目名村より鹿橋(ししばし)を経て、そがい(後方)を行く道あり。

濃きも薄きも、情け深う染めつる色のおかしう分け入れば、里近き松山にかん籬*2あり。

母衣埼明神(ほろさきみょうじん)と唱え奉る。

この村は、大利と言える浜館(はまやかた)の東(ひんがし)に在る伊奈崎より、昔、ここに移りて、その頃に、その辺より神をもうつし奉りしとなん。

この広前*3にながめて(和歌を詠ずる)奉る。

 

 すむ民を猶(なお)や守らん

 秋ごとにみのる田面(たのも)の保呂(ほろ)埼の神

 

畑中誰(た)れとかやが屋の尻なる、刈り上げし粟生*4の中に、子牛の臥せるが如き岩あり。

その岩のつら(表面)より小石生み出づるは、(宮城県栗原郡七の杜の一つに、彦八井耳命をまつり奉るという、遠流志別石神と名づけし石に同じ。

この石なご(小石)、一つ、二つ、つと(さっと)拾いて、

 

 生み出づるさざれ(小石)も岩も栄行く

 末(すえ)守りませ

 石持の神

 

ある優婆塞(うばそく)、いかにぞや、いわれなき神にさえ幣(ぬさ)取りいただき祭るはと言えるに、

 

 ちはやぶる神のみさかに麻(ぬさ)まつり

 祝う命は

 母(おも)父がため

 

てふ歌の如といらえ(答える)つれば、うち笑みて去りき。

見るがうちに四方八方空暗く、一通り雨ふり過ぎぬれば、主(あるじ)のとうめ(老女)、泊りねとて宿貸したり。  

f:id:komeikanendo:20200127200504j:plain


 

源さんが行く63 - こめいがねんど

へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

*1:奥州街道から松前へ向かう正規の道筋。三厩からの海路。

*2:まがき=垣根

*3:ひろまえ=神仏の御前

*4:あわふ=粟畑