こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

(未来の蓬田村改め)外の浜~ある村のはなし~のこれまで1

  

お世話になっております。シヨウ✕3です。

後三年合戦(1083年)のあたりから始めた、

未来の蓬田村ではシリーズをこれまでのイラストで

再度、外の浜~ある村のはなし~として復習していきたいと思います。

f:id:komeikanendo:20201116100236j:plain


 

話は、外ヶ浜にある村のある親子の会話から始まりました。

f:id:komeikanendo:20191022233542j:plain

f:id:komeikanendo:20191023002716j:plain

f:id:komeikanendo:20191023223503j:plain

f:id:komeikanendo:20191023223820j:plain

父の死に際までも、陸奥国の話を熱く語る、息子でした。

f:id:komeikanendo:20191107215212j:plain

奥州藤原氏に思いをはせる2代目は、

f:id:komeikanendo:20191109101459j:plain

とうとう、清衡を真似て、寺をつくることを考え出したり、

f:id:komeikanendo:20191110121109j:plain

お経の本を買い求めて、十三湊まで行ったあげく

f:id:komeikanendo:20191112022143j:plain

とうとう数年後、僧侶となり、弟子まで連れて戻ってきたのでした。

f:id:komeikanendo:20191112234929j:plain

そして念願の寺まで弟子と共に完成させて

f:id:komeikanendo:20191112235641j:plain

寺を村内に広げて

f:id:komeikanendo:20191113000004j:plain

幸せな余生を送りました。

f:id:komeikanendo:20191113221534j:plain

さらには、臨終間際に、孫が寺の後を継ぐという意志表示をしたことにより、

これ以上ない幸せを感じながら、2代目は旅立っていきました。

 

数年後、4代目にあたる長兄は日々、僧侶の修業に励み

f:id:komeikanendo:20191123013527j:plain

その次男は、父の期待を一身に受けて、そもそもの農家を継ぎ、

f:id:komeikanendo:20191123014105j:plain

三男は、その体格と力自慢から、朝廷にスカウトされ、

力士として活躍しているのでした。

f:id:komeikanendo:20191123103730j:plain

f:id:komeikanendo:20191123113341j:plain

そんな三兄弟が、これから奥州藤原氏とリンクしていきます。