こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~82

f:id:komeikanendo:20210609231007j:plain


お世話になっております、シヨウx3です。

 

南部のはなし82、河内に逃げた顕家はどう動いていくのでしょうか。

 

根城南部氏五代の誠忠(Ⅱ)

天王寺・男山の合戦

 河内に逃れた顕家は、生き残った奥州軍に河内や摂津の南朝軍を合わせ、なおも京都に迫ろうとしました。

河内に来てからわずか一週間目の三月八日に、天王寺に陣を敷いている細川顕氏(あきうじ)勢を攻めています。

南河内の石川河原で両軍が戦いましたが、細川勢は顕家軍に散々破られて、雨の中を京都に逃げ帰りました。

この細川勢というのは、前年の十二月に楠木一族に備えて天王寺を守っていたものです。

 

 天王寺を占領した顕家は、さらに同族の日顕(あきくに)を先発隊とし、三月十三日にはもう京都を目の下に臨む男山八幡宮*1にまで兵を進めました。

 

 奈良で大勝をあげて油断をしていた足利方は、これを聞いてどんなに驚いたかしれません。

「官務記」には

京中の動乱左右する能わず(どうしたらよいかわからない)恐怖極まりなきものなり

 と書かれています。

 

 慌てた足利方では、早速三月九日足利直義(尊氏の弟)自ら大軍を率いて、京都の町はずれ東寺に陣を敷きました。

そして猛将といわれた高師直(こうのもろなお)を男山に向かわせています。

師直は大軍で男山を包囲させ、それから自分は天王寺に向かいました。

日顕国に背後から攻められることを恐れたのです。

 

 ちょうどそのころ新田義貞は越前(福井県)の杣山(そまやま)城にいたので、天皇は義貞に使いをやり、顕家と南北から京都を挟撃するよう命令を下しました。

勅書*2をいただいて感激した義貞は、早速弟の脇屋義助を京都に向けて出発させました。

しかしその兵力は少なく、途中には多くの足利勢もいたので、ついに京都の挟撃はなりませんでした。

【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

f:id:komeikanendo:20210614012315j:plain


 つづく

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

 

*1:海抜一四三㍍、山頂に石清水八幡宮がある

*2:天皇からの文書