こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~66

 

f:id:komeikanendo:20201020113500j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

南北朝時代のみちのく14です。

 

 みちのくの新政14

南北朝の所属に苦労した十一代・信長01

南部氏宗家(本家)は、初代光行の父・遠光以来代々鎌倉幕府に仕えてきました。

しかし分家の方は、光行の六男・実長が、日蓮の影響を受けて、その後代々反幕府方(朝廷方、宮方)として活躍しています。

同じ南部氏でありながら、本家は幕府方(武家方)、分家は宮方として百五十年近くもすごしてきました。

ところが元弘三年(1333)五月に北条高時が義貞らに攻められて、東勝寺で自刃し、鎌倉幕府が滅んでしまうと、それまで幕府に仕えてきた多くの家来たちは、一夜にして領地を奪われ、世は全く逆転してしまいます。

長年幕府に仕えてきた南部氏宗家も、やはり同じ運命を逃れることはできませんでした。

第十代・茂時が鎌倉で自害をしたため、その後を弟・信長が継ぎましたが、それはただ十一代を継いだというだけで、領地も軍勢も持たない落武者のようなものでした

だから信長は、名誉ある南部氏の家名を存続するために、どうしたらよいかだいぶ悩んだと思います。

幸い糠部には南部氏の支族がいたので、とにかく鎌倉を逃れ、しばらくの間は、その支族を頼って、民間に隠れ住んでいたといわれています。

 

「盛岡南部系図」によれば

 兄茂時鎌倉に死す。邑*1除かる。

 信長旧族を頼り、糠部に潜在す(隠れていた)。

 元弘三年十月参議源顕家、陸奥国司に任じ、皇子義良を奉じて国中を鎮撫す(とりしずめた)。

 信長主として馬鷹を献じ(奉り)款を納る(よしみを通す)。

 これより一意王家(朝廷方)に勤む。

と書かれています。

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

f:id:komeikanendo:20201021150128j:plain



 つづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

[rakuten:hotateyasan:10001721:detail]

 

*1:ゆう=領地