こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~62

 

f:id:komeikanendo:20201012204659j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

南北朝時代のみちのく10です。

 

 みちのくの新政10

建武新政の乱れ

建武元年八月、京都の二条河原に次のような落書きが張り出されました。

 

 このごろ都にはやるもの  夜討、強盗、謀綸旨(にせりんじ)

 召人(めしゅうど)、早馬、虚騒動  生頸、還俗、自由出家

 俄大名(にわかだいみょう)、迷者  安堵、恩賞、虚軍(そらいくさ)

 本領はなる訴訟人  文書入れたる細葛(ほそつづら)

 追従、讒人(ざんにん)、禅律僧  下剋上する成出者

 きつけぬ冠(かんむり)、上の絹

 持ちもならわぬ笏持って  内裏まじわり珍しや

 

顕家たちが東北で、新政実現のため奔走していたころ、都の情勢はこのように混乱を極めていました。

火つけ、強盗、辻斬り(人殺し)など珍しくありませんでした。

その原因は、政権を握った後醍醐天皇と、当時の実力者・足利尊氏、それに天皇の片腕として活躍していた護良(もりなが)親王の三人が、それぞれ親政についての考えが違い、不和・対立を続けていたからでした。

 

天皇はあくまでも平安時代後醍醐天皇のころ)のような君主専制政治を実現しようとし、足利尊氏はそれとは反対に、鎌倉時代と同じ武家政治を再興し、自分が征夷大将軍になろうとしていたのです。

護良親王は早くもその野望を見抜き、武力を用いても尊氏をおさえようとしていました。

しかし軍事力では大差があるので、親王は密かに令旨*1を発して、兵力を集めようとしていました。

でもその新王の動きを知った尊氏は、ひそかに天皇に、「親王が兵力を集めているのは、謀反を起こして、政権をねらう野心があるからに違いない。」と告げ口をしたのでした。

天皇はすっかりその言葉を信じてしまいます。

建武元年(1334)十月二十二日の夜、天皇は、何も知らずに参内*2した護良親王を、いきなり護衛兵に命じて捕えさせてしまいました。

捕虜になった親王は、尊氏によって鎌倉に送られました。

その頃鎌倉には尊氏の弟・直義(ただよし)がいて、恐れ多くも天皇の皇子・護良親王を土牢の中に閉じ込めてしまいました。

 

f:id:komeikanendo:20201012231014j:plain

みちのく多賀にいる北畠親房は、この話を聞いて、どんなに悔しがったでしょう。

親房と親王とは母方の従兄弟に当たります。

また親王にとって親房は、舅・婿の関係*3にもなっていました。

だから新王からの令旨を受け取った親房は、早速親王のもとに陸奥の兵を送っていたのでしょう。

親王が突然捕虜になった時には、供をしていた兵の中には、南部や工藤を名乗る者がいて、数十人の陸奥兵が同時に捕えられたともいわれています。

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 


 つづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

[rakuten:hotateyasan:10001721:detail]

 

*1:親王などの命令

*2:さんだい=宮中に上ること

*3:親王の妻は親房の娘