こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~58

 

f:id:komeikanendo:20200924180327j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

南北朝時代のみちのく6です。

 

 みちのくの新政06

根城四代・師行の活躍03

その頃、八戸には北条氏の代官として、工藤三郎兵衛尉(ひょうえのじょう)がいました。

またおそらくその一族であったのでしょう、工藤孫四郎、工藤孫二郎などというものもいたといわれています。

そして上尻内には、工藤左衛門次郎(一戸の工藤四郎左衛門入道の子)が領地を持っていました。

あるいはこのうちの工藤三郎兵衛尉あたりは、今の根城に館をかまえていたのかもしれません。

もしこの一族がこぞって抵抗することになれば、師行としても油断がなりません。

ですが、この工藤一族は、師行の下向を聞いて、いち早く行方をくらましたようです。

工藤三郎兵衛尉父子は、まもなく岩手県の宮方(天皇方)河村又次郎に捕えられ、その後師行に預けられています。

また上尻内の左衛門次郎は津軽に逃れ、北条方の反乱軍に合流しています。

仮に今の根城々趾が、工藤三郎兵衛尉の遺館であったとしても、逃亡した後そのまま師行たちが入るわけにはいきません。

おそらく建物を新しく建て直したり、堀を拡張したりして、城の改築をしなければならなかったのでしょう。

工藤一族が一時どこかに逃れても、いつまた結束して逆襲してくるかもわからないからです。

春になって八森の城が完成しましたが、それを聞いた顕家は「これぞ奥州蕩平の根の城である。」と祝ってくれたので、それからこの城を「根城」と呼ぶようになったと伝えられています。

根城を中心とした師行の活躍は、糠部ばかりではなく、久慈、比内(秋田県大館付近)、閉伊、津軽、遠野など大変広範囲にわたっています。

【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

f:id:komeikanendo:20200924202201j:plain



 つづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

[rakuten:hotateyasan:10001721:detail]