こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

おおはたまちができるまで~南部のはなし~32

 

f:id:komeikanendo:20200521210229j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

実長親子の第四回です。

 

日蓮宗に帰依した実長親子

倒幕に活躍した二代目・実継2

九年近くも日蓮の教化を受けた二代目実継は、幕府に対しての批判から、次第に反幕の思想に変わり、最後にはついに幕府を倒す運動、倒幕運動にまで参加するようになりました。

 

その頃の執権は十一代・宗宜(むねのり・在位一年)から十二代・煕時(ひろとき・在位三年)、十三代・基時(もととき・在位一年)に続いて、暗愚*1な執権として有名な十四代北条高時の時代でした。

政治は長崎高資(たかすけ)に任せて、自分は田楽*2闘犬などを楽しんでばかりいました。

それで後醍醐天皇は、今こそ幕府を倒す好機と考えたのでしょう。

側近の公卿たちに相談して、倒幕の計画を進めていました。

しかしその計画は、幕府方の六波羅探題*3に密告する者があって、ついに二人の公卿、日野資朝(すけとも)・日野俊基(としもと)は責任を取って鎌倉に送られました。

これは世に正中の変(1324)とよばれています。

 

こうして初めの計画は失敗に終わりましたが、それでも倒幕を固く決意している後醍醐天皇は、その後もなお計画をやめようとはしませんでした。

そしてそれから七年経った元弘元年(1331)には、いよいよ大規模な武力戦「元弘の乱」が起こります。

正中の変で、幕府に捕えられた日野資朝日野俊基は、その前から山伏や修験者に姿を変えて、諸国の武士を訪ね同志を募っていました。

波木井実継もおそらくその頃から、朝廷側に味方をする決意をしていたのでしょう。

 

 【参考引用文献/物語 南部の歴史・中世編】

 

f:id:komeikanendo:20200524054304j:plain

 

おおはたまちができるまで~南部のはなし~33 - こめいがねんど

へつづく 

 

蓬田村の古代 よもぎたむらができるまで01

大畑町の古代 おおはたまちができるまで01

アイヌルーツ よもぎたむらができるまで04

蝦夷の反乱  よもぎたむらができるまで10

奥州藤原氏  よもぎたむらができるまで27

大河兼任の乱  よもぎたむらができるまで46

南部のはなし おおはたまちができるまで~南部のはなし~1

 

[rakuten:hotateyasan:10001721:detail]

 

*1:あんぐ=おろか

*2:大衆的な娯楽舞踊

*3:ろくはらたんだい=京都の守護役、実は朝廷の見張り役