こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

建築模型01

 どうも、しょうさんです。

 

 立体感を感覚でつかむためにデッサンしまくって、

 感触を忘れないようにと粘土をこねくりまわしながら、

 決められた指示通りにモノを作り、評価をいただくことも必要だと思い、がくぶんの通信教育で建築模型講座を受けることにしました。

 2週間ぐらいで教材が届きまして、早速教材用DVDを見ました。

 

 …わけわかりません。

 

 正直なところ、ガンプラや粘土細工でモノを作ることは慣れてるし、余裕だろうと思ってました。

 しかし私の目の前にあるものは、そんな生半可な気持ちでできるような代物ではなく、カッターの使い方から両面テープの使い方まで、お客様(クライアント)にどのようにしたらキレイに仕上げて届けるかという、仕事に対しての基本姿勢から学ぶことに気づかされました。

 よく考えれば、当たり前のことです。作品をつくってお金をいただくわけですから。

 

 さぁ心を入れかえなくてはなりません。

 仕事から帰ってきて、気持ちを建築模型に切り替えることがまず大変でした。

 平面図や立面図から計算して実際の大きさを出して、カッターを縦に入れて、隣の壁とくっつけた時に直角になるように…、壁紙を貼り合わせるときは絶対に両面テープをゆがませない…。

 

 んで先ずは箱を完成させました。

f:id:komeikanendo:20190718202904j:plain

 

 そして、がくぶんに課題を送って採点をしてもらいました。

 2週間後、合格の通知が来ました。

 次のレベルへ進めます。

 

f:id:komeikanendo:20190718203544j:plain

第2段階へつづく