こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く93

 

f:id:komeikanendo:20200403222125j:plain
どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

寛政十年の記録2です。

 

寛政十年(1798)の記録・其の弐

間佳瀬(まはぜ=ハゼ?)と呼ばれる赤魚の子の群れが来た。

 

安房(千葉県)から女浄瑠璃が来た。

 

女形(おやま)の佐野川梅の枝(うめのえ)が興行に来た。

 

観察力の鋭いある男の所へ

「酒田から参りました」と訪れた者がいた。

その顔を見るや男は

「お前様はどんな芸が得意なのか」と聞く。

「いいえ私は庭師の修行をしながら旅をしている者です」と答え、

この家の息子宛ての紹介状を差し出した。

しかし作業中に、男が見抜いた通り様々な似声(こわいろ)、身振り、手振りが出始めた。

そして、「浮世物真似*1の新八を真似て、やってみましょうか」と埴生斉(はにゅうさい)馬谷*2を語り出した。

 

「越後の大将・上杉謙信輝虎が西条山から川中島の煙気(もや)のかかり具合を見て

『やをれ*3武田信玄晴信は明朝、必ずや戦を仕掛けてくるぞ。我らは三軍に分かれてこれを前後から挟み撃ちする。なぜこんな手段に出るのか。戦は神速*4が肝心である。不意打ちは昔から最良の手段だ。』

と自らカブトをつけ剣を腰に、やおら出陣。頃は永禄四年(1561)九月九日午後十時頃、荒ぶる兵一万三千を率いて雨の宮の渉(わた)りを越えて密かに進む。夜陰(やいん)にまぎれて菜箙(だいこん)折敷(おしき)の旗を巻き、馬には枚*5をかませて、川中島の合戦の準備は整った。」

 

この話に色をつけて姨(おば)と八兵衛の声色による問答。

それがまた面白かった。

f:id:komeikanendo:20200423221243j:plain

 

源さんが行く94 - こめいがねんど

 へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

*1:うきよものまね=鳥獣、役者らの身振り、声色を真似る芸

*2:講談師の名前?

*3:やいお前たち。呼びかけの語

*4:しんそく=非常に速いこと

*5:ばい=声を立てないように口にくわえさせ、ヒモで首に結びつける箸状のもの