こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く89

 

f:id:komeikanendo:20200403222125j:plain
どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

寛政九年(後半)の記録2です。

 

寛政九年(1797)後半の記録・其の弐

秋田の角館本明寺から人が来て正教寺の橘流庭園づくりを行った。

 

享保の頃(1716~36)、大川善兵衛の家が揺れ、ミシミシ何かが倒れる音がした。

倒れたのは、谷地稲荷の松の木だった。

ところがなんと十日ほどたって大風が吹いた日、倒れかかっていた松の木が元のように起き上がった。

経書に「頚草*1は倒れず」の言葉がある。

この松をもう一度植え直したが、根づかなかった。

神亀四年(727)五月二十日、南苑でも二本の木が風で倒れたと聞く。

 

幕府大目付の朝夷名(あさいな)治郎左衛門津軽から北海道に渡った。

隠居した前松前藩主・大炊介(おおいのすけ)の病気見舞容態監視が目的らしい。

 

 ★幕府は、前藩主の病気を理由にした隠居問題について疑いを持っていた。

 

■盛岡で洪水が発生した。

 

湊の沖の漁で水虎(かっぱ)がかかった。

しかし、見慣れぬ異様なその姿に驚き、そのまま放してやったそうだ。

f:id:komeikanendo:20200404230856j:plain

 

江戸料理と称し、大根の刻み方が伝授された。

まるで草や石や蚕のように次々と形が作られた。

庖丁始め*2は、延暦元年(782)、山陰中納言によって行われた。

 

大坂から来た老婆が生田流筝曲の演奏をした。

安村流という新曲も披露し、また漢の成帝が寵愛した趙飛燕*3の清平*4な調べも奏でた。

 

 

源さんが行く90 - こめいがねんど

へつづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

*1:けいそう=風に強い草

*2:新年に、初めて庖丁を使う儀式

*3:ちょうひえん=成帝の皇后。舞が上手く軽やかで燕に似ているとされた。絶世の美女

*4:せいへい=清く穏やか