こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く164

  

f:id:komeikanendo:20210523013730j:plain


お世話になっております、シヨウX3です。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

源さんの記録・享和三年その3です。

 

享和三年(1803)の記録・其の参

南部藩箱館陣営が交替。

監察は島川英左衛門、勘定台は下田恒右衛門。

 

長さ四丈(十二㍍)、幅三尺(一㍍)の旗一対を八幡宮に奉納したのは幕府御目付の藤本徳三郎である。署は東斉源長裕。

 

 ■富士山麓大石寺(たいせきじ)は日興*1が開基した十六本山のひとつである。

寿量品*2により不受不施*3を説いた。

正面に「(はね)曼荼羅」と宗祖日蓮の画像を安置し、その他の像は一切飾らなかった。

永禄年間(1558~70)には諸宗取締に触れ、寛永七年(1630)と寛文九年(1669)には「不受布施寺請(てらうけ)禁止令」が出された。

宝暦三年(1753)にも訴訟があった。

今年になり十五本山が各教義に折り合いをつけている。

 

曼荼羅

日蓮宗の本尊は南無妙法蓮華経と題目の書かれた曼荼羅

日蓮法華経十四品(ほん)に登場する如来、菩薩、明王天などを漢字、梵字で書き表した。髭(ひげ)曼荼羅ともいう。

f:id:komeikanendo:20210530110907j:plain

 

ハシカが流行した。蒟蒻となた豆が禁止された。手ぐそや新しい汲み水などは昔から禁じられている。 

 

菅原道真(845~903)公の九百年忌にあたり仮殿において祀る。

※現在も宮浦家社務所において学問の神様として祀られている。

 

円通寺の本堂と鐘桜、山門を再建

 

つづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

第六集の最初から読みたい方は

源さんが行く88 - こめいがねんど

 

第七集の最初から読みたい方は

源さんが行く99 - こめいがねんど

 

第八集の最初から読みたい方は

源さんが行く111 - こめいがねんど

 

第九集の最初から読みたい方は

源さんが行く129 - こめいがねんど

 

第十集の最初から読みたい方は

源さんが行く140 - こめいがねんど

*1:にっこう=日蓮門下の六大僧のひとり

*2:じゅりょうぼん=法華経二十八品中の第十六。永遠の仏陀を説き、本門の中心をなす

*3:ふじゅふせ=法華経を信じない人からは布施を受けず、法を施さないとする教義