こめいがねんど

むつ市大畑町と東津軽郡蓬田村の歴史や文化、たまに趣味のねんど作品を紹介する雑記ブログ

源さんが行く149

  

f:id:komeikanendo:20200925214440j:plain


どうも、しょうさんの息子のゲンです。

 

 原始謾筆風土年表(げんしまんぴつふどねんぴょう)とは

  江戸時代の下北地域の政治・経済・文化を、近江出身で大畑にて商業に従事した村林家の二代目源助(通称)によってまとめられた記録です。

 

源さんの享和二年の記録2です。

 

享和二年(1802)の記録・其の弐

山奥の暮らしにあきての放蕩と言おうか。

金五郎平のあたりをのらりくらりと徘徊する熊がいた。

湊屋清六の屋敷の蔵のあたりで一晩中、犬の吠え声が聞こえた。

明け方、熊が姿を現した所を杣夫たちが打ち殺した。

承平二年(932)には内裏の承明門*1の中に鹿が入り込み捕獲された。

また、前漢元帝の時代、虎のオリに獣を追い込んで戦わせていたが、猛り立った熊が囲いから抜け出しオリの上にいるところへ、なんと馮媛*2が、身を挺して帝を守り、女がてらにその熊に立ち向かったという。

 

四月十七日、高橋川観音*3再建の祝宴に私・源助も出席した。

辺りの眺めの良さもあって、ついつい酒が過ぎてしまった。

周囲の人々の制止するのも聞かず、よろめきながら帰路についた。

木和田川の丸木橋の所で、川に転げ落ちたのにも気づかず、溺れそうになってようやく状況を理解した。

通りかかりの人に助けられた。

これまでも、宴席から立ち上がれないほど酩酊*4し周りの人に支えられたり、川に落ちそうになったことが度々ある。

人の通りかかるのがもう少し遅かったら、この身はもうこの世にいなかったであろう。

それでもやめられないのが、飲んべえの業というもの。

 

水の事故といえば、元文(1736~41)の頃、沢田長七が材木の川流しの時に薬研の緑釡にはまってしまった。

とび鈎(かぎ)を力任せに振り回したがどこにも引っかからず、死んでしまった。

安永(1772~81)の頃には釣屋浜の源八が、奥薬研の冠淵(カモリ淵)の堰を抜く作業の時、溺死した。

天明(1781~89)の頃には新町の才次郎が薬研大滝の堰抜き作業中に溺れ、文化(1804~18)の頃には小目名の長左衛門が薬研の緑釡で溺れ死んでいる。

f:id:komeikanendo:20201024172046j:plain


 

つづく

 

 

最初から読み直したい方は

源さんが行く01 - こめいがねんど

 

第二集の最初から読みたい方は

源さんが行く14 - こめいがねんど

 

第三集の最初から読みたい方は

源さんが行く39 - こめいがねんど

 

第四集の最初から読みたい方は

源さんが行く57 - こめいがねんど

 

第五集の最初から読みたい方は

源さんが行く72 - こめいがねんど

 

第六集の最初から読みたい方は

源さんが行く88 - こめいがねんど

 

第七集の最初から読みたい方は

源さんが行く99 - こめいがねんど

 

第八集の最初から読みたい方は

源さんが行く111 - こめいがねんど

 

第九集の最初から読みたい方は

源さんが行く129 - こめいがねんど

 

*1:しょうめいもん=平安内裏の内郭十二門のひとつ

*2:ふうえん=前漢時代の元帝の妃

*3:高橋川大山祇神社は江戸時代まで高橋川観音と呼ばれていた。当初は観音菩薩が祀られていた。明治の神仏分離令により廃棄

*4:めいてい=酔いつぶれ